« 芸人 (今日のテーマ) | トップページ | 不完全燃焼 (今日のテーマ) »

2007年9月 4日 (火)

背中の荷物が一つ…

長いこと気になっていたことが解決しました。

前にもBLOGでお話ししたことがありますが、『運の悪いヒポポタマス』という歌の歌詞がやっと解りました。
長かったです…
では、皆さんも確認下さい。

運の悪いヒポポタマス

運の悪いヒポポタマス本当についてないヒポポタマス

月曜日 めでたく生まれたよ
火曜日 学校優等生
水曜日 かわいい嫁さんもらい
木曜日 苦しい病気にかかり

(暗く悲しい間奏)

金曜日 どんどん重くなり
土曜日 とうとう死んじゃった
日曜日 お墓にうめられた

運の悪いヒポポタマス ついてないヒポポタマスの一生
これでおしまい これでおしまい
るるるるるるるるるるる~

う~っ。。。。。

なんて可愛そうなカバなんでしょう…
うさぎの中では『ドナドナ』と肩を並べるくらいの悲しい曲です。。。。

|

« 芸人 (今日のテーマ) | トップページ | 不完全燃焼 (今日のテーマ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この歌、わたしは全然知りませんでした。
悲しい歌というより、芸のない歌ではありませんか?
それに、学校を優等生で過ごし、可愛い嫁さんまで貰ったんだからいい人生じゃない。
嫁さんの腕の中で息絶えたりしてさ。
ヨイヨイになるまで長生きして、嫁さんのオムツ替えなきゃならない人生に比べたら、楽そ~。
尤も、ヒポポタマスが何の病気にかかったかが問題ね。

そういえば、ヒポポタマスって、何かギリシア風ですね。
どこの国の歌?
ドナドナに、ユダヤ人が強制収容所に連行されるところを牛になぞらえて作られたという秘話があるように、
ヒポポタマスも何か秘話を持つのでしょうか。

投稿: マダムN | 2007年9月 5日 (水) 01時34分

マダムNさんへ。

秘話とかそんなたいそうなものでは無いと思いますよ。
作った方には申し訳ないですが…

この歌は確か朝の子供番組で流れていた歌です。
小学校へ行く前に聞いていました。
この歌が終わってから登校でした。
子供心に幸せの最中に死んでしまう運の悪さがかわいそうでした。うさぎも運の悪いうさぎでしたから、もしかすると自分と重ね合わせていたのかも知れません。

投稿: あまみのくろうさぎ | 2007年9月 5日 (水) 01時42分

運がいいとか悪いとか、よく言うけれど、それって人間にわかることなの?
その運になるように自分で選択しているだけかもしれないし、もっと大きな視点から見たら、運が悪いとは言えないかもしれないし。
誰のどんな状況と比較して、運が悪いと思うのか……。
大人の生き方に振り回されざるをえない小学生がそう思うのは仕方がないけれど、大人になってまで、そんな思いを引きずるのはどうかと思う。

投稿: マダムN | 2007年9月 6日 (木) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214218/16341065

この記事へのトラックバック一覧です: 背中の荷物が一つ…:

« 芸人 (今日のテーマ) | トップページ | 不完全燃焼 (今日のテーマ) »