« おひさ… | トップページ | 人って… »

2008年2月29日 (金)

ダメなのか…

疲れてしまった。

動くと疲れ心身ともに重たくなる…

うさぎより大変な状況にいる人ってたくさんいるのだろう。
そんな人たちには申し訳ないがもうダメなんじゃないかなと感じている。

何もする気になれず、そして何もしないでいると身体が重たくなり起きていられなくなる。
座っているのも辛いほど…

明日、何も変わらない毎日の続きが来るのだろう。

もう疲れた…

何処までがんばればよいのか…

また頭痛がしてきたので今夜はこの辺で眠ります。

おやすみなさい。

|

« おひさ… | トップページ | 人って… »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 「頑張る」というのは難しい言葉ですね。

 アフリカの地雷原を何も知らされないでひた走る少年達も「頑張っている」のでしょうし、緊急医療の現場で人の命を救うために「頑張っている」先生もいらっしゃいます。
 主観的に、「頑張っている」というのを評価して良いものかどうか分からなくなります。私自身、「頑張っている」と口に出してしまう方なのですが、それは「第三者に分かって欲しいワガママ」だけのような気もしています。
 結局のところ、評価者が屈折していない限り、結果を出せば評価はされるわけです。

 文章の端々から、自らピリオドを打ちたい衝動に駆られている感じを受けました。
 でも、くれぐれも死を選ぶような安易な逃避はしないでください。
 それは、今まで頑張って生きてきたあなたを否定することでもあり、それを支えてきてくれた人たちに対する裏切りです。

 「疲れるから、何もしない」
 それは、「頑張っている」ことになるのでしょうか?

 私も、そう言う時期がありました。
 でも、そんな私でも支えてくれる人がいた。それに気づいたときから、考えを切り替えました。

 「今、私は元気でやっています。」
 それこそが、私を支えてくれた人たちに対しての恩返しだと思っています。

 勝手なことを長々と書いてしまい申し訳ございませんでした。

投稿: ちょちょ | 2008年2月29日 (金) 23時41分

支えてくれる人がいない場合は…

投稿: あまみのくろうさぎ | 2008年3月 4日 (火) 15時02分

>あまみのくろうさぎさん

 多分気づいていないだけだと思います。
 人間は一人で生きられるように出来て居ません。
 どこかで、人とtの繋がりがあなたの心をささえてくれているはずです。
 まずは、自分を取り巻く環境について整理してみるのも良いかもしれません。
 死を選ぶのは、自分勝手です。死体を面倒観る人のことを考えたことがありますか?
 どうせ命散らせるなら、海外の青年海外協力隊にチャレンジした方が良いと思います。
 誰かの役に立つ、それが生きる道と信じます。

投稿: ちょちょ | 2008年3月 4日 (火) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214218/40306749

この記事へのトラックバック一覧です: ダメなのか…:

« おひさ… | トップページ | 人って… »