« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

無へ…

自分はこれまで生きてきて何を残したのだろうか…

今こうして振り返ってみてもその成果が何も見えない…

自分はこれからどうなるのか…

これから何処へ向かっていくのだろう…

 

何も見えず、今いる自分の場所が本当に道なのか…

それすら解らないでいる…

それでも手探りで一歩ずつ前に歩いている…

いや、歩いているつもりでも少しも前に進んでいないのかもしれない…

それとは別に他の道を歩いているのかもしれない…

ただそこにあるのは無の世界…

周囲を見渡しても何も見えない…

空には星のひとつもない…

そこにあるのは闇と静寂のみ…

美しいとさえ感じるこの闇と静寂…

これまでに感じたことのない心地よさがある…

このまま歩を進めてゆけば何も無いという究極の美を感じる事ができそうだ…

 

今、自分が歩いている方向が正しいか間違っているかなんてどうでもよい…

このまま行けるところまで行こうと思う…

あと少し…

あともう少し…

そう、あともう一歩…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

やめようかな…

もう4月なんだね。

病院に行って薬もきちんと飲んでいるのに一向に良くなる気配なし…
もう行くのやめようかなと考えています。
薬のせいで太ってしまい良いことなんて一つもない。

 

疲れたな…

 

重たくて邪魔な荷物だよ!!

自分。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

時の経つのは…

早いものでもう三月半ばとなりました。
昨年の今頃は体調が悪く動くのがとても辛い時期でした。
が、生活の為アルバイトを始め、その研修を一週間ほどしていました。
朝は通勤ラッシュに揉まれながら電車で出かけて、帰りは帰宅ラッシュに揉まれながら電車で帰宅していました。
帰宅するとそのままベッドに倒れこみそのまま眠ってしまっていました。
体調が悪かったのと無理して動いたせいもあり、とても表現のできないような苦痛と疲労感で眠る事ができました。

あれから一年経ったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

いざとなるとやはり悲しい…

なかなか売れないマンション…

今日、二組の内覧希望者が来た。

つい何年か前の自分と重ね合わせってしまい、何だかとてもブルーな気分になった。

売れるのかな…

この病気になって全てが狂って、うさぎの人生は終ったと感じる。

自分なりにがんばってやってきたつもりだが、それも跡形も無く崩れ去り悲しい現実を突きつけられる日になった。

もう終わりなんだね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

春…

気づけばもう三月…

外はだいぶ陽ざしがポカポカとしてきています。

この一ヶ月くらい体調の良し悪しに波があり、また時間を無駄に過ごしてしまっている…

いつも同じことを悔いている自分がいるがどうにもできないでいる…

情けないやら恥ずかしいやら…

明日は病院の日…

行っても何も変わらないような気がするが…

最近はAboutmeでのみんなとの会話も無くなって、本当に独り言を自分の『ひとこと』に書き込んでいる…

みんなとも疎遠になってしまったようだ…

原因はうさぎ自身にあるのだと思う。きっと自分でも気づかないうちにみんなの地雷を踏み倒していたに違いない…

もともと友達なんて居なかったから元に戻っただけの話しなんだけどね。

年始の予定では五月か六月に再就職をしてなんて考えていたけど甘かったようで…

病気以外にも問題があるけど、そちらは人に任せるしかないので…

早く解決して欲しいのだけれども仕方ない…

またゴールデンウィークがきて、猛暑の夏がやってくるのかな…

また一つ歳をとり…

これからどうしよう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

あと…

あとどれくらい傷ついたなら…

痛みも悲しみもすべてが流れて消えるの…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の居場所が見つからない…

実生活でもNETでも…

自分の存在が…

どこかにあるのかな…

居心地が良くて周りからも必要とされるような場所が…

まだ見つからないんだ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

人って…

人は何のために生まれてくるのだろうか…

命ある生き物たちは何のために生まれてくるのだろうか…

そこに何か理由や意味といったものがあるのだろうか…

そして、そのことを理解して生きているのだろうか…

もしもそのことを知らずに旅を終えたなら…

この地球に生命が誕生して以来、生き物たちは命のリレーをしてきただけなのかも知れない…

途中で次の命にタスキを渡せなかった生き物たちは滅び歴史の中に埋もれていく…

『何のために…』というのは、実はこのリレーそのものなのでは…

タスキを渡して未来につなげるだけならば、自分がここで立ち止まったところでこのリレーに影響は及ぼさないはず…

自分だけのひつじ雲を探しに行きたいな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »