« やすらかに… | トップページ | 終った… »

2008年5月27日 (火)

実家から…

何度も何度も電話が鳴った。
実家からの電話であることはすぐに解った。
出たくなかったので居留守を使っていた。
用件が何であるか解りきっていた。

あまりにしつこいので電話に出てみた。
用件は案の定私の考えていた通りでした。
『お前の保護費は1日か、それとも30日か?』
電話してきていきなりこの言葉…
私が『支給日は確認しないと解らない』と答えると、『明日また電話するから調べておいてくれ』と言われた。
私のことを金蔓としか考えていないのであろう。
現にもう一ヶ月以上も私の家には来ていない…
前回もお金が絡んでいたから来たようなもので、渡したらすぐに帰ってしまった。
他人に話せば人は皆誰しも周囲に生かされているのだと説教をされる。
確かにそのような家庭もあることでしょう。それは否定はしません。
ですが全ての家庭にそれを当てはめようとするのは無理があります。

 

私がうつ病になり働けなくなり、両親の老後の為にと購入したマンション…
『こちらで一緒に生活しないか…』、『三人で働けば何とかなる…』…
このように何度か提案してみたものですが、返ってきた答えは決まっていました。
『弟達(35歳~40歳)二人が実家にいるから無理だ!!』、『そっちに行っても仕事が無い』、『引越しにはお金もかかる』…
私からすればただ口実にしか聞こえてこなかった。
ただ動くことが面倒なだけだのだ。
つまり、私は血縁者から見捨てられた状態になってしまった。
ある人につい迂闊にも話をしてしまい、私が感じていた事と同じ事を言われてしまった。
両親は私の病気の事など何も理解していない。普通ならば、自分の子供がよく解らない病気になった場合、病院に電話して聞くなり幾らでも調べる術はあるはず。

 

市役所も引越し業者の見積もりを提出したは良いが一向に連絡が無い…
引越し予定日は見積書に明記されているのに…
こちらから電話する気にもならない…

 

明日、実家から電話があるな…
こんな事、いつまで続くのかな…

愚痴になってしまったようだ…
不愉快な思いにさせてしまったならばごめんなさい。

 

疲れた…

心身ともに疲れてしまった…

 

こんな時間だから皆眠っている事でしょうね。

おやすみなさい…

|

« やすらかに… | トップページ | 終った… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うさぎさん、起きてますよ〜
こんばんは☆

肉親だからこそ、余計に辛いんですよね・・・
がんばってとは言わないけど、くじけないでくださいね。

投稿: りの | 2008年5月27日 (火) 02時52分

莉乃さんへ。

コメント、ありがとうございます。
最近は特に問題が多く重なってしまい思うようにいかなくて…
すぐに体調が悪くなってしまうので困っています。
娘さんはお元気ですか?
もう慣れた頃でしょうね。

投稿: あまみのくろうさぎ | 2008年5月27日 (火) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214218/41335051

この記事へのトラックバック一覧です: 実家から…:

« やすらかに… | トップページ | 終った… »