« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月19日 (水)

ウサギ受難 飼育放棄増「手軽なペット」誤った認識

卯年を迎え人気の高まるウサギだが、その裏で、飼育放棄で公園や河川敷に捨てられるケースが増加している。背景には「手軽に飼いやすいペット」という誤った認識があるという。愛護団体などでは「“えとブーム”の陰で、捨てウサギが一層増えるのでは」との懸念が広がっている。(時吉達也)

 捨てウサギの保護や飼い主探しをしている日本うさぎ愛護協会(東京都)が今年最初の相談を受けたのは、年明け間もない3日。横浜市内の路上で、後ろ足を引きずり歩くウサギが発見された。8日には通報を受け、東京都内北部の公園で生後数カ月とみられる子ウサギを保護。ともに毛色が整い、商業用に繁殖されたウサギとみられる。捨てウサギの大半は野犬に襲われるなどして命を落とすといい、協会事務局では「ウサギ年は始まったばかりなのに」と憤りを隠さない。

 犬猫のように鳴き声に悩むこともなく、集合住宅の世帯を中心に人気が高まっているウサギ。小動物飼育用品メーカー「ジェックス」(大阪府)によると、国内の飼育数は推計92万匹(平成22年)で、えと人気の影響を受け「来年には100万匹に達する見込み」という。

 その一方で、飼育放棄されるケースも年々増加。愛護協会では設立当初の平成17年に年間10匹程度だった捨てウサギの保護件数が、21年には約100匹まで増えた。大阪で保護活動に取り組むNPO法人「ラブアンドピース」の阪上義昭代表理事によると、飼育放棄の最も大きな要因は家族のアレルギー。ウサギの体毛は犬や猫に比べて細く、発症しやすいという。また、室内のコードをかみ切ったり畳を掘ったりする習性があり、一定の管理が必要なのにもかかわらず、「『鳴かない、おとなしい』のペットショップのうたい文句が独り歩きしている」(阪上氏)という。

 購入費用は5千円以下と安価なことが多いのに比べ、飼育費用は割高だ。餌の牧草代は月に1万円以上かかることもあり、病気になった際の通院費用は高額だ。

 愛護協会では「猛暑でも屋外に放置し、ニンジンの皮を食べさせる小学校飼育などを通じ、『気軽に飼える』という誤った認識が広がっている」と指摘。ウサギの寿命は一般に7~10年程度とされ、「一生面倒を見る覚悟と環境を整えてから購入を決めてほしい」と訴える。

 ウサギの飼い方に関する専門サイトを開設するアレス動物病院(富山県)の沖田将人院長は「餌が正しく与えられなければ歯が奇形になり、毎月病院で削る必要が出てくる。今年のブームを受け、2~3年後に捨てウサギの問題が本格化するのではないか」と危惧している。

 

 

 

  

ウサギは捨てられたら間違いなく死でしょう・・・

『平成17年に年間10匹程度だった捨てウサギの保護件数が、21年には約100匹まで増えた。』

無責任な人間はペットを飼う資格なし!!

ペット飼育もこれからは免許制度にして、無責任な連中には販売しないとしたほうが良いにょ。。

私の近くにも、もしかすると捨てウサギがいるのかもしれない・・・

助けてあげたいけど、どうすることもできないし・・・

 

これから、不幸なウサギ達が増え続けないように祈るばかりです・・・

| | コメント (0)

2011年1月17日 (月)

難航…

4社応募して1社だけ連絡があったけど、他は連絡すらないにょ…

メールが届いていないにょか…

連絡のあった会社もダメそうにょ…

いや、ダメなんだ…

また今年も同じなにょか…

 

 

 

くろうさの船は霧の中へと消え、そして静かに沈んでいくにょ…

| | コメント (2)

2011年1月 7日 (金)

寒い…

寒いにょ…

 

凍えそうにょ…

| | コメント (2)

2011年1月 2日 (日)

お正月…

新年が明けて、今日で2日…

 

そして、今日は3時30分頃に起床…

 

いつもと何も変わらない時間が過ぎてゆく…

 

 

Cocolog_oekaki_2011_01_02_05_23

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »