« ダメだったにょ… | トップページ | 体育館デビュー。 »

2013年7月13日 (土)

死去。

昨日、7月12日(金)、父が亡くなりました。

苦しまないで、眠るように亡くなったようです。

その時に立ち会うことができなかったけど。

苦しまないで亡くなったとのことで、その点は良かったかなと思っています。

明日火葬することになっています。 

亡くなるにはまだ早い年齢だと思うのですが・・・

そんな時ふと思ったのですが、父は幸せだったのかなと・・・

父の人生は幸せだったのかな・・・

亡くなる時、走馬灯のように記憶が巡ると聞いたことがあります。

父はどんな記憶が巡ったのか・・・

僕の場合、良かったことが記憶にないです。

悪いことばかり・・・

父はどうだったのかな・・・

明日、最後のお別れになります。

|

« ダメだったにょ… | トップページ | 体育館デビュー。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 御愁傷様です。
 父は長年寝たきりで妻に迷惑を掛けて死んで逝ったそうですが、入院中の兄の代わりに通夜と火葬に立ち合いました。
 俺は絶対に見舞いにも葬式にも行かないと言っていましたので、親戚中から最後なんだから見舞いに行ってやってくれ、通夜にも顔を出してくれと何度も電話がありました。
 火葬場から骨壷を抱えた私が投げ捨てるのではないかと皆が心配していたそうです。
 葬儀場に着いて、骨は拾ってやったぜと言って靴脱ぎ場に置いた事を思い出します。
 親の有り難さを感じる時が来るのでしょうかね? 
 生んでくれた母親には素直に感謝出来ますが・・・父と父の女に感謝する事は生涯無いと思います。
 お父様の事を考える事も供養でしょう。(合掌)

投稿: 案山子 | 2013年7月14日 (日) 20時30分

案山子さんへ。


ありがとうございます。
幸せだったのか。
それだけが気がかりです。
直に聞いてみたかったです。

投稿: あまみのくろうさぎ | 2013年7月14日 (日) 21時18分

 相続問題もありますね。家の場合は兄が胆管癌で余命4ヶ月と医師に告げられましたが、5~6年入院していました。
 兄も姉も生前贈与と云う形で法定相続権を破棄する事で同意しました。今思えば法定相続権を主張して家や土地や預貯金を調べ上げてぶんどっておけばよかったのにと思います。
 世の中、金が全てではありませんけどね。父の遺産を全て処分して女は我々一族とは縁を切って何処かに逃げて行きました。
 猛暑で暑い日が続きます。体調管理にお気を付け下さい。
 お父上様の御冥福をお祈り致します。(合掌)

投稿: 案山子 | 2013年7月15日 (月) 14時03分

案山子さんへ。

重ね重ね、ありがとうございます。
家は相続するものなど何もありませんから。(^^)
相続するものがあったら大変だったのかもしれませんね。火葬が終わって目の前に出てきた時は驚きでした。大の大人が骨だけになるとこんなにも少ないのかと…
あとはお墓を購入しなくてはいけません。まだ候補を上げているところですが、電車の駅から歩いて行けるような立地のお墓が良いのかなと考えています。

投稿: あまみのくろうさぎ | 2013年7月15日 (月) 15時23分

お暑うございます。
兄は八王子の東浅川と云う所に住んで居ました。
東京医大八王子支部で胆管癌と診断され新宿の東京医大に転院して5~6年後に昭島の病院に転院して間もなく手術で他界しました。
其の時に人間、身体にメスが入る時は死ぬ時だと思いました。
高尾の駅の近くの寺で通夜とお別れ会をして墓も其の近所に在るようですが、兄の他界後は兄嫁とも親戚とも一切連絡を絶っています。
兄も私には「俺が死んだら真鶴の海に散骨してくれ」と言っていました。
仏、放っとけで父の時も兄の時も納骨には立ち合っていません。
冷たい男なのかも知れませんが・・・墓参にも行きません。
死んだ人間には何も伝わりません。或る意味、墓参などは自己満足に過ぎないとも思います。
我が一族の菩提寺にすら興味ありません。
私は灰にして樹木葬か、何処かの海に散骨してもらいたいと思っています。

投稿: 案山子 | 2013年7月16日 (火) 15時59分

案山子さんへ。

僕も死んだらどこかに散骨してもらいたいと思っています。死んでまでも家族と一緒というのは嫌だから。僕と琥珀と真琴を一緒に散骨してほしいです。友人に頼もうかなとも考えています。人間とペットが一緒に入れるお墓って、お墓参りする人がいなくなって、管理費とか入らなくなった場合、お墓はどうなるのでしょうか? 永代供養というのは、お金が入らなくなっても永久に墓は守られていくものなのでしょうか。お墓も高いんですよね。できれば僕と琥珀と真琴が一緒に入れるお墓を買えれば、散骨しなくても済むのですが…今の自分には到底無理ですけど…


お兄様が東浅川ですか。詳しく知りませんが、浅川という川が流れていますよね。中央線で川を渡りますよね。


法事でこの先も家族と顔を合わせるのかと思うと憂鬱です。

投稿: あまみのくろうさぎ | 2013年7月16日 (火) 17時02分

こんにちは
気付くのが遅くなってごめんなさい。
ご愁傷様でございました。
案山子さんもくろうさも家族では
苦労してるんですね。
一つだけ、動物と人間を一緒に埋葬は
たぶん法で出来ないと思うよ。

投稿: 弁慶 | 2013年7月17日 (水) 12時08分

弁慶さんへ。

お気になさらず。
動物と一緒に入るお墓というのがあるのですが、そこも一緒に入ることはできないのでしょうか。いつかお墓を買って、琥珀を今の納骨堂から引き取って移したいと考えています。そうすれば、真琴も僕も入るところが決まりますので安心なのですが。

投稿: あまみのくろうさぎ | 2013年7月17日 (水) 12時54分

こんばんは
くろうさん、宗教色がまったく無いお墓なら多分、大丈夫でしょう。宗教的には人間と動物は違うと言うのが全ての宗教の考え方です。同一埋葬させるのは特殊な墓地経営でしょう。そもそも誰にやってもらうんですか、多分頼まれた人もお坊さんに説得されて・・・

投稿: 弁慶 | 2013年7月18日 (木) 02時40分

弁慶さんへ。


そうか…
お坊さんの事もあるのですね。
宗教の問題もありますね。
今のうちに調べておいた方が良さそうですね。

投稿: あまみのくろうさぎ | 2013年7月18日 (木) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダメだったにょ… | トップページ | 体育館デビュー。 »