心と体

2013年1月10日 (木)

何故・・・ 何のために・・・

何故、病気は僕を選んだのか・・・

何故、僕なのか・・・

何のために生きているのか・・・

何故に・・・

何のために・・・


苦しみの向こう側には何があるのか・・・

やはり苦しみだけなのかな・・・






何故に・・・

何のために・・・

Cocolog_oekaki_2013_01_13_16_47

| | コメント (2)

2012年8月25日 (土)

たぬき…

玄関開けたら一面にたぬき…

 

仕方ないので1時間程ウォーキングして、帰りに買い物して帰ってきました。

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

一匹から二匹へ…

たぬきが一匹から二匹に増えたことを医師に伝えたところ、睡眠薬を減らされてしまいました…

昨夜はなかなか寝つけなかったです…

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

増えた…

例のたぬきですが…

一匹増えました…

二匹になりました…

あと金縛りと言われるものを経験しました。

身体の自由がきかない。

暫くすると自由になり、また自由がきかなくなり、その繰り返しですが何だか怖く感じました…

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

言わなければ良かった…

今日は精神科の病院の日でした。

夜中に何か食べていると医師に伝えたところ、睡眠薬を減らされてしまいましたにょ…

言わなければ良かったですにょ。。。

タヌキの件も話しましたが、特に何もなしでしたにょ。。。

今夜から眠れるのか心配です…

| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

謎のたぬき…

眠っていて、夜中に目が覚めると、そこにはたぬきがいる…
どこからともなくたぬきが現れて部屋の中にいる…
ケージの中の真琴を見ている…
起き上がって捕まえようとしても、素早くベッドの下に逃げ込んで消えてしまいます…

 

 

夢なのか…
お酒のせいなのかな…

| | コメント (6)

2012年2月 9日 (木)

変な感じにょ…

もう二月…

 

気が付くと誰かと話しをしている。

だが、相手はどこにもいない。

何を話していたのかも不明。

でも、間違いなく誰かと話していた。

相手用のグラスがあって、二人で酒を飲んでいた…

 

 

 

 

 

 

 

夢なにょか…

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2010年2月27日 (土)

襲来…

何者かの襲来の気配を強く感じる…

真っ暗な闇の中、ヤツは襲ってくる…

身の毛もよだつような、凄まじい邪気を感じる…

身体の奥底からから凍りつくような、とても冷たい感じの寒気…

静寂の中、音も無く襲ってくる…

獣のようにも感じる…

地を這い、もの凄い速さで襲ってくる…

そして、どこかに消える…

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

衝動…

昨日、用事があり出かけた。

人ごみの中、いろんな人間を見ながら歩いた…

見たくもないけど、目についてしまう…

法やモラル、マナー、常識、その他規則やルール…

一部の自分勝手な連中がどうにも許せない…

人間が人間として、この人間社会で生きていくためには守らなければいけないことがたくさんある…

しかし、自分勝手な行動により周囲に迷惑をかける人間がたくさん目につく…

駅の階段…

日本では左側通行が常識…

上る側も下りる側も左側を通行するの常識…

自動車のようの法により定められ罰則もないと、人間はこのような簡単なことですら満足にできない…

つまり逆送してくるということになる…

 

私の目の前を幼い姉妹が階段を上っていた。妹はお姉ちゃんの手をシッカリと握り、お姉ちゃんも妹の動きを確認しながら一段ずつ上っていた。混みあってもいるので当然時間もかかるだろう。私の後ろの人間は何をしているんだと言わんばかりに、私の肩越しから前方の子供たちの様子を覗き、舌打ちをして強引に私や子供たちを追い越して上っていった。そうかと思えば、逆に降りてくる人間が本来左側を通るべきところを右側を下りてきた。姉妹たちはその度にふらふらしながらその大人たちを避けていた。

このような何でもないことと思われるかもしれないが、私はいつも強い殺意抱き、抹殺したいという強い衝動に駆られる。周りを見渡せば、悲しいことだがいくらでもいる…
こうした感情を抑えこむのもとても疲れる…
守るべきことを守れないような人間を人間として扱うのは、私にはとても不思議でならない。小さな決まりごとですら守れない人間に、大きな決まりごとならば守れるとはいう根拠も解らない。
『必要のない人間はいない。』
『価値のない命はない。』
これらはよく聞く人間たちの言葉で綺麗ごとである。人間はそれぞれが自分に対して保険を掛けているつもりなのだと考える。必要のない人間は確かにいるし、生かしておく価値のない人間も確かにいる。
そういう連中を、PCの『Delete キー』で消すように、一瞬の僅かな時間で簡単に消去できたら…

 

 

 

外出はしたくないものだ…

人間の醜さ、愚かさばかりが目につくから…

| | コメント (4)

2010年2月20日 (土)

最近は…

毎日ではないが割りと頻繁に、朝の4時30分頃に目が覚めて、そのまま眠れなくなることがある。

今日今もまさにそれである…

薬のせいなのだろか…

今週、一部薬を変えてもらってからまた少し過食気味になってしまった…

この二つは次回の診察でも話したほうが良いのだろうか…

| | コメント (0)

より以前の記事一覧